2022年 10月 24・25日の二日間
《トークセン》 特別講座を開催します!

いつもは自由スケジュール、あなたの予定に合わせていつでもレッスン可能な横浜タイマッサージスクールが、【スケジュール固定】・【開催人数設定】をすることによりレッスン料を大幅割引する特別講座。おかげさまで大好評です。 (*^^)v

今回は・・・
トークセン(木槌療法)です!

知る人ぞ知るタイの伝統療法「トークセン」。木製のトンカチとノミで身体のエネルギーライン《セン》を叩く《トーク》することによって活性化させるユニークな手技です。強いコリを何とかほぐそうと、もみほぐし店などで激強マッサージを受けているうちに、ますます筋肉が固くなっていき、ちょっとやそっとでは緩まなくなってしまった岩みたいな固さのコリでも、特性の木槌が発する高い周波数の打撃によって、短時間で緩ませてしまう効果があります。それはまるで、強く揉まれることに慣れてしまい「マッサージなんかには負けないぞ!」と構えている筋肉が、いきなりいつもと違う衝撃と振動でびっくりして思わず緩んでしまうようなイメージです。

このトークセンという伝統療法も他の手技同様、教える先生やスクールによって多少の違いがあります。横浜タイマッサージスクールでは、まだ誰もトークセンというものを知らない時代から施術を始め、70年以上も施術を続けた故ダオ先生のスタイルを現代に伝える《ダオスクール》のスタイルをお渡し致します。

写真左:96歳で亡くなるまで施術を続けた本物のレジェンド・ダオ先生

日本で一般的に伝えられているトークセンは、日本語で学ぶことができるある有名マッサージスクールが教えるマイルドな刺激の少ないタイプのトークセンですが、元祖ダオ先生の打撃は身体の奥の奥、芯まで衝撃波を届かせる打撃法で、単にノミ(リムと呼ぶ)を滑らせながら単調なリズムで”適当に”叩いてゆくトークセンとはかなり違います。

ダオ先生が亡くなった今、ダオ先生から直接指導を受けた数少ない弟子と、娘のメオ先生が彼のスタイルを継承しました。特にメオ先生は地元の有名大学チェンマイ大学の医学部と提携し、トークセンの科学的な根拠を研究しました。メオ先生はチェンマイ郊外に大きな施術院とスクールを開設し、トークセンを教えています。トークセンの衝撃波は神経にまで及ぶために麻痺やしびれなど神経障害にも効果を上げますが、打つ場所を間違えると危険もあります。よって、メオ先生はダオ先生の効果的な打撃法と医学的安全性を両立させたスタイルを教えています。

写真左:ダオスクールの神棚の前で木槌に祈りを捧げ、横タイ講師に授けるメオ先生

チェンマイに行けば誰でもメオ先生から学ぶことができますが、レッスンはタイ語、テキストも無く、場所も市内から離れたかなり郊外ですので、そんなに簡単気軽に学べるわけではありません。(それでも行ってみたい、言う方は横タイ講師まで気軽にご相談ください。無料で段取りのお手伝いを致します。)

そんな《ダオスクールスタイル》のトークセンを、より学びやすくするため、横タイでは日本語のテキストをご用意しました。






また、ダオスクールの神前でメオ先生がお祈りを捧げ、医療の神様(シヴァゴ先生)や仙人(ルーシー)の力を込めた特製のトークセンセット一式を差し上げます。(トークセンの世界では病魔を払う聖なる道具とされています。)


◆ こんな方におススメです。
  ◇ 個人サロンでの独立を目標としているセラピスト
    (施術できる人がまだ少ないため目玉のメニューになります。)
  ◇ ご自分のお店に新しいメニューを増やしたい方
    (講師はマッサージが苦手なお客様に喜ばれます。)
  ◇ タイ古式を補助する施術として身に付けたい方。
    (短時間でコリが緩むので施術の残り時間が少ない時助かります。)
  ◇ 打楽器が好きな方
    (一定のリズムを刻みながら独特の打ち方で施術する練習をします。)




開催日時:2022年10月24・25日 AM10~16時 (途中昼休み1時間)

開催最少人数:4名
(参加者が4名に満たない場合は残念ながら開催中止となります。)

受講料:通常78,000円のところ、特別講座のため
   60,000 円(税込み)

場所:横浜市内 参加人数によって場所を選定します。決まりましたら後日お知らせ致します。

講師:千代川光宏 
    横浜タイマッサージスクール代表 タイ伝統医療協会認定セラピスト
    チェンマイITM上級講師

申し込み締め切り日:10月14日

修了した方には、横浜タイマッサージスクールより修了証を授与致します。

 
お申込み・お問い合わせはこちらのフォームから 
 


TOPページへ戻る